3歳児に教わったこと。

今週の日曜、また姪っ子達が遊びに来ました。
滞在時間は短かったですけど、お店屋さんごっこに付き合わされたり、
上の姪っ子は私のマンガを読んだり、
下の子はいつも通り動き回ってたり、と散々遊んで帰っていきました。

その中で、下の子が「てるこちゃん、どこ?」と急に言い出したので、
「輝子ちゃんなら、のんのんする所(仏壇)にいるよ」と教えると、
「てるこちゃんはここにいるの」と言い、
自分の胸をポンポンと叩きました。

きっとママにそう教わったのかな。
「輝子ちゃんは心の中にいるんだよ」って。
そう言われて、ちょっと泣きそうになりました。
「死」というものが分からなくても、
3歳なりに受け止めているのかな、って。

上の子はもう4年生なので、さすがに理解してると思いますが、
逆にそれはそれでかわいそうかな、とも思ったり。
もしかしたら、いちばん祖母の死を受け止められてないのは
私かもしれない、と思ったりもしました。
今でも写真を見ると、寂しさでいっぱいになります。
私がいちばん子供かもしれませんね。




[PR]

by feeling_leaf | 2017-02-22 23:11 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://feelleaf.exblog.jp/tb/25414391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。