子供に伝えたい、大人の為の物語。

「パコと魔法の絵本」を観ました。
これも劇場で観ようか迷ってるうちに終わっちゃった作品です。
レンタルする気マンマンでしたが、今回タダで借りられてラッキー♪
・・・私の分も焼いてくんないかなぁ。

飛び出す絵本のようなお話でした。
絵本にしてはかなり毒のある部分もありますが、だからこそただのおとぎ話より身近に感じられました。
実写とCGアニメが境目なく登場し、極彩色のポップでカラフルな画と、変わり者ばかりの登場人物。
一言で表すと「おもちゃ箱を引っくり返したような」という表現がいちばんしっくりきます。
登場人物も皆はっちゃけてます。
特に上川隆也と、阿部サダヲの壊れ具合はなかなかのものです(笑)。
他の人達も、一癖も二癖もあってインパクト強烈です。
でもストーリーは心がほっこりして、ちょっと切ないハートウォーミングな感じ。
ところどころで涙がポロッ、ってね。
特に大貫(役所広司)が子供みたいに大声上げて泣く場面は、グッときました。
今まで自分の事しか信じてなかった、意地悪ばかりの大貫がパコとの出会いによって心を開くようになり、パコの為に何が出来るかと考えるようになり、毎日パコが読んでる絵本を病院の皆で劇にしようと提案。
大金持ちのプライドも、パコの純粋な可愛らしさには敵わないという事ですな。
・・・そう、そうなのよ。
パコめっちゃ可愛いのっ!!
アヤカ・ウィルソンちゃんの笑顔にもうメロメロですv
そりゃ皆も喜んで劇に参加しますさ。
パコを喜ばせようと頑張りますさ。
だからこそ・・・切ないのです、ラストが(涙)。

映像表現が独特なので、その面では好き嫌いが別れるかもしれません。
でも私はまた見返したい作品です。
子供の頃好きだった絵本みたいに、観る時の自分が違う度に違う捉え方が出来るんじゃないかな。
ただ・・・ガマ王子はともかく、カエルさえ出なければもっと好きになれるのに・・・。
[PR]

by feeling_leaf | 2009-06-14 23:18 | DVDのこと | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://feelleaf.exblog.jp/tb/10431700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あみいちゃん(笑) at 2009-06-15 05:47 x
劇場で泣きました。
(でも、ウォーリーでも泣くような人ですが(笑))
サダヲ、good!…というか、みんなgood!
変だからいい。自分があっていい。

そういえば「舞妓haaaan!」(?)も、ちゃんと見たいな。
イケイケ!サダヲ!!(笑)
Commented by feeling_leaf at 2009-06-17 00:25
>あみいちゃん(笑)
泣きそうにはなりましたが、実際には泣いてなかったり(苦笑)。
阿部サダヲは今回みたいに、好き勝手やっても許される役の方が活き活きして見えますな。
上川さんにしても、舞台出身の役者さんはアドリブ好きなイメージがあります。