戦いは終わらない。

「GOEMON」を観ました。
紀里谷作品は「CASSHERN」に続き2作目でしたが・・・やはり観終わった後のどんより感は変わらなかったです。

VFX、CGなどの迫力や、独特の衣装や色彩、メイクなどを含めた映像美は突出してると思うので、スクリーンで栄える作品だと思いますが、内容やテーマは思いっきり重いので決してデートムービーではありません。
結構たくさん人死んでるし、しかもほとんど殺されてるし、その表現が結構・・・な部分も。
支配欲とか権力への執着とか、人間の醜いところをピックアップして描いてるのは前作に共通してますけど、「GOEMON」はもう少しエンターテイメント性があると思い込んでいただけに、ちょっと不意打ち食らった気分です。
分かってたらもう少し防御も出来たろうに・・・。
精神的に落ちてる時に観ると、浮上するのに苦労しそうです。

でも決して嫌いな訳ではないので、私の中ではアリです。
アリだけど・・・人に「面白いよ」とおススメは出来ないかな。
あ、でも別の楽しみ方として、ものすごいチョイ役で有名な人がたくさん出ているので、そういった人達を探してみるのは面白いかも。
[PR]

by feeling_leaf | 2010-01-21 23:59 | DVDのこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://feelleaf.exblog.jp/tb/12006807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。