男は素手だろ。

「クローズZERO 2」を観ました。
やっとだねぇ、ようやく借りましたよ。
最近は心穏やかになれるような作品を選んでたので、ヤンキーものは久し振り。
エヘヘヘ、やっぱ好きだわ。

ケンカのシーンはもれなく血まみれなので、PG-12は仕方ないのかな。
ビーバップは普通に小学生でも映画館で観られたのに。
喫煙シーンもケンカのシーンもあったけど・・・流血量の差?
まぁいろいろ規制がうるさくなってるし、時代でしょうね。

1観た時に「飛び道具は反則」って書いたけど、
2を観て「刃物も厳禁」と付け足しておきましょう。
やはり殺傷能力の高い武器を使ってはいけません。
攻撃する側にも、ちゃんと痛みが伴う方法でやらねばならぬ。
いくら作り物の世界とはいえ、素手でのタイマンが理想ですな、うむ。

でも相手校の鳳仙が幹部以外全員スキンヘッドなので、
パチンコ玉みたいな頭が群れ成して歩いてくると、つい笑ってしまう部分は迫力減かも。
もう少林寺にしか見えない・・・。
そんなパチンコ玉頭も、メイキングの中で鳳仙の人達が
カミソリが頭剃ってる姿を見ると、『大変だねぇ』と不憫に思えたり。
こっちの意味でも体張ってるのね、皆さん。

人数も学校単位の争いなので、ハンパなく増えてます。
乱闘シーンの迫力は前作を上回ったかと。
今回も小栗さんはよく飛びなさる。
山田孝之の回し蹴り(ソバット?)もカッコよかったです。
技としてはいちばん好きかも。
三浦春馬のアクションも観たかったけどケリ一発のみ、そこは残念でした。
彼は次世代の人なのね。

何より嬉しかったのは・・・ちゃんとバカも健在。
「頭、割れたら、セメダイン!」には笑いました。
いちばんのお気に入りです(笑)。
[PR]

by feeling_leaf | 2011-01-04 23:56 | DVDのこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://feelleaf.exblog.jp/tb/13929828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。