運命を切り伏せろ。

「どろろ」を観ました。
昨日観ようと思ってたけど、なんだかんだで観る時間無くなって今日急いで観ています。
でもまだ土曜に返さなくちゃいけなDVDが1本・・・。
「レンタルは計画的に」(笑)。

まず見始めて思った事。
『・・・外国で上映するなら、絶対R指定付くよなぁ』。
合戦のシーンや、魔物を倒した時の血の量は半端じゃないです。
描写もなかなか・・・ねぇ。
もはやどこまでが特撮で、どこまでがCGで、どこまでが生身なのか、全く判別出来ないような世界観となっておりました。
原作を全く知らないので、出てきた魔物がどこまで原作のもので、どこまでがオリジナルかも分かりません。
でも、先入観なく観られたのはよかったのかも。
百鬼丸が息付く間もなく、次々と魔物を倒すシーンが続くので、これを全てアクションでやっているのかと思うと・・・ご苦労お察しします。
新しい形のアクションで、とても見応えがありました。
ワイヤーアクションやCGだけでなく、ちゃんと生身でのアクションもあったので、きっと大変だったでしょうね。
アクションや画面が派手な分、入り組んだ伏線とかがなくシンプルなストーリーで、そのメリハリがとても見やすかったです。
時代劇なんですけど現代的な表現もあり、古くさくなくて面白いですね。

関係ないですが、ボンバーヘッドの瑛太を見慣れているので、この作品での髪型がおかしくて仕方ありません(笑)。
この人、長髪似合わないと思います。
あと、最近中井貴一は悪役ばかりやっているように思うのは、私だけでしょうか?
終わり方が何となく2作目を予感させる気もしなくもないですが・・・どうなんでしょうね。
当たるとすぐにシリーズ化するのは、個人的にはあまり好かんです。
余韻の残したまま終わるのがよかったりするのに。
でも女になったどろろも、見てみたい気もします。
・・・結局どっちやねん。
[PR]

by feeling_leaf | 2007-07-25 21:59 | DVDのこと | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : https://feelleaf.exblog.jp/tb/6163122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 勝手に瑛太ファン♪ at 2007-07-28 11:23
タイトル : 今日から始まるファンサイト
満を持してようやく瑛太ファンオープン!... more