刺激的な夏休み。

「サイドカーに犬」を観ました。
母親が家出した後、突然現れた女性と女の子との交流がメインのお話。
真面目で神経質な母親とは対照的な、豪快でカッコいいヨーコさん。
母親と両極にいる大人を前に戸惑う薫だけど、今まで誰も教えてくれなかった事をヨーコさんはたくさん教えてくれた。
ずっと自分を押さえつけて、自分の意見やわがままを言えなかった薫には新鮮なものばかりで、次第に心を開いていく。
でも、ずっと一緒にいられる訳じゃない。
ヨーコさんは父親の愛人だから。
そんな二人の、短い夏休みのお話。

私もどちらかと言うと薫同様、わがままの言えない子供でした。
(どこからか反論の声が聞こえてきそうですが・笑)
大人の顔色を伺って、いい子でいなきゃ、って、そう考えてる部分もありました。
でもその時の私には、ヨーコさんのように「ありのままの自分でいること」を教えてくれる人はいませんでした。
あの頃の私がヨーコさんと出会っていたら、人生変わっていたのかな、と考えたりします。

ストーリーには直接関係ありませんが、樹木希林の腰の曲がり具合は最高です!!
「さすが!!グッジョブ!!」と讃えたい気分。
・・・知りたい方は是非観てみて下さい(笑)。
ただし、本当にストーリーには何ら関係のないシーンですから。

e0073548_2261142.jpg

[PR]

by feeling_leaf | 2008-03-30 22:14 | DVDのこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://feelleaf.exblog.jp/tb/7635389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。