<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

出していい?

「アフタースクール」を観ました。
これも前々から観たかった作品です。
DVDが発売された時、使わなかったPOPを切り抜いて
堺雅人は私が貰って、大泉洋は同僚のパートさんが売場の引き出しに貼ってましたなぁ(笑)。

で、内容ですが・・・これはオチをバラしちゃいけないタイプの作品でした。
前半と後半で私の感想も全く変わったし。
なので詳しい事が何一つ書けないのが残念。
でも面白かった、って事だけは言えます。


そういえばチョイ役でNACSの音尾さんが出演してましたが・・・、
私はエンディングクレジット見るまで全く気付きませんでした。
かなり分かりやすかったのに・・・何で気付かなかったかねぇ。
更に私、後半になるまで田畑智子を田中麗奈と見間違えてました。
何かもう・・・いろいろとダメですなぁ(泣)。

ちなみにタイトルは、私的にツボだったセリフ。
そんな軽く言っちゃダメ!!

              ニシナガレディオCD#004
           ニシナガレディオCD #004 1,500円(税込)
[PR]

by feeling_leaf | 2011-01-30 22:12 | DVDのこと | Trackback | Comments(0)

もしかして・・・コイ?

と思うほど育ちました、ウチの金魚たち。
もう1年以上はいますけど、みるみる大きくなっていくので、
最近は『コイツら普通の金魚なの?』と疑問に思ったり。

元は母親が貰ってきたもので、狭いペットボトルの中に
6〜7匹が狭苦しそうに入れられてました。
更にそこへ水草を入れて、空気穴を塞ぐという暴挙・・・。
結局生き残ったのは3匹。
その後の世話は全部父親がやってるし、どういうつもりだ全く(怒)。

でも父親は甲斐甲斐しく世話をしております。
休みの度に水槽の水を替え、エサも自分で買ってきます。
一度金魚の頭に赤い斑点が出来た事がありましたが、
空気ポンプを買ってきたら、いつの間にか治ってました。
今、唯一のお友達かもしれません(笑)。

姪っ子も気が向くと水槽を覗きに来て、じぃじに許可もらってエサあげたりしてます。
貰ってきた本人より、回りの方がよっぽど可愛がってます。
どこまで大きくなる事やら。
e0073548_063749.jpg
e0073548_061676.jpg

[PR]

by feeling_leaf | 2011-01-29 23:59 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

トランペットは伊達直人がくれたんだって。

遅くなりましたが、23日のFOX観劇について。
いつもならその日一日を、順を追って書いてますが、今回はすっ飛ばしてまず舞台の感想を。

初演とは途中でストーリーが変わっている今回の再演。
前作「南の島に星がふる」から枝分かれしましたが、
その前作を見逃してしまったため、ちゃんと話が繋がらないままでの観劇でしたが、
主要キャストは何となく分かっていたので、どうにかなりました。

でも初演ではシリーズ通しての敵役となっていた、楠本がいなかったのにはビックリしました。
既に前作から出てなかったようですけど、その辺りは後ほどDVDで確認します。
代わりに登場した五月源五郎。
「南の島に…」でのエピソードが今回伏線であったようですが、それも後での確認。
それ以外にも初演とは違う設定がいくつかありました。

それを踏まえたうえで、「赤いリンゴに唇よせて」の感想です。
(・・・すっ飛ばして、とか言っときながらも前置き長いな)


まず最初に、アドリブてんこ盛りでしたなぁ。
私が観たのが千秋楽だったから、ってのも理由の一つでしょうが、
勝平さん、タケルさん、レオさんのベテランお三方が飛ばしまくってました(笑)。

特にタケルさんは志村けんやボビー・オロゴンのモノマネしたり、
楽屋で歌ってるという焼肉屋さんの歌(?)を歌ったり、と大活躍。
・・・ま、勝平さんやレオさんにふられて仕方なく、といった感じでしたが、
それを差し引いても芸達者振りが光ってましたね。
輝子も「タケルさんってこんなに面白い事やる人だったんだ」と感心してました。

代わりにFOXのアドリブキング(私の中で)こと、レオさんは若干控えめだった気が。
勝平さんが下ネタ言い出したら嗜めたりして、『あら珍しい』と思ってたら、
その日、娘さんが観に来てらっしゃったそうで。
パパとして、娘の前での下ネタは自重したようです。

勝平さんはご自分でのアドリブというより、
タケルさんや天野ユウさんにムチャ振りをする方が目立ってた気がします。
勿論隙あらば合間合間に挟んではいたでしょうが、
それよりも人に何かさせるのを楽しんでる節がありました。

そういった部分で、いちばんの犠牲者だったのはユウさんかもしれません。
ベテラン勢が遊びまくるのに、振り回されていたようにお見受けしました。
しまいにはズボン脱がされて半ケツ晒すハメに・・・。
あの時履いていた白のブリーフは、勝平さんから譲り受けたという噂のブリーフでしょうか?
ユウさんが滝兵卒を演じる事によって、滝の印象がガラリと変わりました。
何というか・・・草食系?


劇中劇が「西遊記」だったのは初演と同じでしたが、やはりこちらも笑い満載。
有名な金閣・銀閣のシーンでしたが、捕えた三蔵法師に「いたぶってやる」と
言い捨て持ってきたのは・・・
その板をブルブルさせる銀閣に当然金閣はツッコみますが、
何故か三蔵には効いているようで、Hな声で悶えていたり。

エナケン演じる孫悟空が出てくれば、これまたお馴染みのひょうたんのシーン。
・・・ですが、そこは戦後で物のない時代。
「小道具箱にこれしかなかった」と持ってきたのは、グローブでした。
それを無理矢理ひょうたんに見立て、芝居を続けようとしますが・・・まぁ無理だわな。


そんな中、真面目に芝居をしていたのは(いや、皆さん真剣でしょうけど)
房枝さんと爛々の女性陣でした。

爛々は滝兵卒と結婚しますが、滝さんの仕事が見つからないので
仕方なくガード下に立ち、「パンパン」と呼ばれる娼婦になります。
滝さんがジャズバーで働けるよう、トランペットを買うお金を稼ぐために。

そして房枝さんは、またエナケンさんに会えると信じて待ち続ける。
父親の病院があった場所にオルガンを置き、歌で浮浪児を励ます。
将来はそこに病院と教会を建てたい、と頑張る。
正に凛とした女性、といった雰囲気でカッコよかったです。

そして理由あって白瀬中尉と対決するシーン。
着流しで刀を持つ白瀬中尉もカッコいいですが、
背筋をピンと伸ばして刀を構える房枝さんにも惚れます・・・。

でも房枝さんは体を病んでいて、もう治る見込みもなく・・・といった
悲しいシーンもあるのですが、今回のお芝居は暗い部分をあまり感じなかったです。
勿論全くない訳ではありません。
戦後だからこそあった闇の部分も描かれてました。
でもそれ以上に、今回はその当時流行っていた歌がフューチャーされていて、
「リンゴの唄」を始め、昭和歌謡がメドレーで歌われるシーンもあり、
苦しい時代を明るく逞しく生きていこう、とする人達の姿を描いているのかな、と思いました。

戦争が終わり、焼け野原になって何もかもが無くなったけど、
そこに集まる人と、青い空があれば大丈夫。
多分エナケンさんの台詞は、戦争を体験している祖母の心に染みた事でしょう。
最後の「リンゴの唄」には涙していたらしいので。


何だか脈絡なく、思い出した順に抜粋したような感想になっちゃいましたが、
まず「南の空に…」を観て話を繋げない事には、私の中で完結出来ないんです。
だからDVDを観て間を埋めたら、また違う感想が出てくるかもしれません。

とりあえず、エナケンシリーズ楽しかったです!!
番外編がある事を期待しています♪
[PR]

by feeling_leaf | 2011-01-26 23:59 | 舞台のこと | Trackback | Comments(5)

里親募集の記事、更新しました。

いちばん上に掲載している里親募集の記事に、ヨークシャテリアのチャロ君を追加しました。
e0073548_23472724.jpg

詳しい情報はいちばん上の記事、そして 僕、銀之丞 でご確認下さい。
里親をご希望される方へのお願いなども掲載されていますので、宜しくお願いします。


里親募集の記事が大きくなるという事は、それだけ悲しい思いをしたわんこがいるという事。
優しくて温かい家族を探しているわんこがいるという事。
これ以上掲載される子が増えないように、
今掲載されている子のバナーが消えるように、と願うばかりです。

今度こそ、今度こそ最期まで大切にしてくれる家族を、
心から安心して暮らせるお家をあげて下さい。


P.S FOXの感想はまた後日書きます。
[PR]

by feeling_leaf | 2011-01-24 23:59 | わんこ・にゃんこのこと | Trackback | Comments(0)

遂にこの日がやって来た!?

明日、FOXの舞台を観に行ってきます。
今年初上京、更に前回体調不良で行けなかったので約1年振りのFOX。
そしてエナケンシリーズもいよいよファイナル。

これだけ条件が揃えばいつもより緊張しそうなものですが、
何故か今回は今までになく落ち着いてます。
・・・別に緊張する必要はないんだけどね、最初からね。

いつも着てく服やら差し入れやらで頭を悩ませているのですが、
結局悩んだところで毎回普段着だし、差し入れも代わり映えしない物ばかり。
なら最初から悪足掻きはやめよう!と。
要するに、諦めたって事ですな。
そもそも私が舞台に上がる訳じゃないし〜♪ と開き直れば、かなり気が楽。
見苦しくなければヨシ、として明日に臨みたいと思います。

1年振りのエナケンさん、会えるのが楽しみですv
さて・・・早よ寝なきゃ。
[PR]

by feeling_leaf | 2011-01-22 23:24 | 趣味のこと | Trackback | Comments(0)

これも追試だな。

「百万円と苦虫女」を観ました。
これも前から気になってた作品です。

私は好きなお話でしたが・・・感想がまとまりません。
DVD観た直後にアジアカップのカタール戦観て、熱くなったせいだと思います。
なので、少し間を置いてもう一度借りるつもり。
旧作だからT-ポイント使えばタダで借りられるし。

内容とは関係ないところで気になった点は、蒼井優、体薄すぎっ!!
バレエやってる人だから普通より細いのは分かるけど・・・
ノースリーブとか薄着のシーンが多かったから、余計に目立って見えました。
「クワイエットルームへようこそ」の後に撮ったのかな?
もう少し肉つけてくれ、と心配になりました。
・・・ストーリーとは全く関係ありませんが。

今週は旧作だからと2本レンタルしましたが、やはり1週間で2本はキツいなぁ、と実感。
アジアカップもあるしねぇ。
やはり週1本ペースがちょうどいいようです。


              ニシナガレディオCD#004
           ニシナガレディオCD #004 1,500円(税込)
[PR]

by feeling_leaf | 2011-01-21 23:59 | DVDのこと | Trackback | Comments(0)

大事なのは人同士の繋がり。

「サマーウォーズ」、DVDを借りて観直しました。
去年の夏にテレビでやった時は冒頭10分ほど見逃したため、
OZというものが何なのか分からないまま観ていました。
なので、今回ようやく世界観を理解したうえで観る事が出来ました。
OZの重要性を知ってるのと知らないのとでは、事の重大さが伝わりませんからな。

まず最初に、栄ばーちゃんカッコエエ・・・!!
各所で混乱が起きた時の迅速な対応、
「どこまで顔が広いねん!」と突っ込まずにはいられない人脈の広さ、
パニックになっている家族達の目を覚まさせる鶴の一声。
黒電話一つで国を動かす、惚れ惚れしますなぁ・・・(羨望)。

そして、アバター同士での戦いの場面。
仮想空間だからCGバリバリなのは当然だけど、
この映像を映画館のスクリーンで観たら、さぞかし迫力あっただろうなぁ、と思います。
と同時に、酔うかもなぁ・・・とも思ったり。

夏希先輩のアバターも可愛いけど、やっぱキング・カズマがカッコいいです!!
バトルシーンは血が騒ぎますな。
私が花札のルールを知らない、というのも一つのマイナス材料になってるんでしょうけど。
花札の基本的な仕組みを覚えてから観直したら、
夏希先輩のシーンをもっと楽しめるでしょうね。

でも、いくら戦いのフィールドがOZの中だとしても
アバター使って戦ってるのは人間。
倒す為の策を高じて、それを実行する環境を整えるのも人間。
アカウントを夏希先輩に託したのも、また人間。
コンピューターの中で起こってるトラブルを解決するのは、やっぱり人間なのです。
OZという世界観とは対照的な、田舎の大家族が舞台になってるのもそういう事なんでしょうね。

きっとまた観たくなる作品だと思います。
・・・買えはしないだろうから、その度にレンタルしますか。
[PR]

by feeling_leaf | 2011-01-19 23:59 | DVDのこと | Trackback | Comments(0)

やっぱり欲しいんです・・・。

映画「君に届け」のDVDの発売日を知り、早速予約して参りました。
勿論プレミアム・エディションです。
特典映像いっぱいです、舞台挨拶観たいんです!!

今までドラマでハマった作品はいくつかありますが、
映画でここまでハマるのって初めてかも。
好きな映画はあっても、アニメ以外で映画のDVD買うなんて今までなかったし。
マンガ原作、って部分も大きいかもしれませんけど、
それでも映画館に行くだけで終わってたのに・・・何でだろ?

でもここまで原作の雰囲気を壊さずに実写化した映画は
私の中では初めてだったので、ここは押さえておくべきでしょう。
だってレンタル始まったら、それこそ何回借りるか分からないし(笑)。

発売日は3/11。
幸い祖母がパク・ヨンハのCDとDVDを買い漁ってるおかげで
下手すればポイントだけで買えてしまいそうです♪
ありがとう輝子、助かったよ。
「ちはやふる」の一気買いもアリかなぁ、と思いましたが、
優先順位は君届の方がまだまだ上。
我慢出来なくなったらチマチマ揃えます・・・仕事決まったらね(苦笑)。

3月には「SP 革命篇」もあるし、楽しみいっぱいですなぁv
[PR]

by feeling_leaf | 2011-01-17 23:37 | 趣味のこと | Trackback | Comments(0)

いろんな家族のかたち。

「プール」を観ました。
やっと観ました、えぇやっと。
「かもめ食堂」「めがね」と続くこのシリーズは大好きなので、
上映した時から絶対観よう!! と決めてました。
残念ながら地元での上映はなかったので、レンタル待ちでしたが。

3作通して一貫している、ゆったりした時間の流れ。
静かで淡々と進んでいくストーリー。
現代ニッポンから見れば非日常的なシチュエーションだけど、とても居心地のいい空間。
多分苦手な人は途中で寝ちゃいそうですが、私はすごく好きなのです。

原作を読んでないので、ちゃんとした設定があるのかもしれませんけど、
映画だけ観る限り、登場人物に対する説明はとても少ないです。
観終わった後も不思議に思う部分がいろいろあります。
でもそれを補う場面がなくても、許せてしまうのがまた不思議。
正解を提示してない分、観る人それぞれの感じ方に預けてるような気がします。

でもテーマが「家族」って事は明確に出てたかな。
家族だから分からない事、家族だから許せる事。
一緒に住んでなくても家族、一緒に過ごせば他人でも家族。
血の繋がりだけでなく、心の繋がりも家族には必要ですね。

本当は映画館で観た方が、より作品の空気感に溶け込めるんだろうな。
「マザーウォーター」も上映されなくて残念。
またレンタル待ちか・・・(泣)。
[PR]

by feeling_leaf | 2011-01-16 23:35 | DVDのこと | Trackback | Comments(0)

ごっつぁんです。

毎週土曜日は、弟と姪っ子がご飯を食べに来ます。
義妹はパートへ行ってるので・・・お疲れ様です(泣)。

すると、孫に激甘のじぃじが姪っ子にお菓子をあげる訳です。
多分パチンコの景品でしょうが。
それを見ている私がよく「いいなーいいなー」と姪っ子に冗談で言ってたら、今日に限って父親が
「お前にもやるわ」とチップスター(小)をくれました。
姪っ子はしお味、私はコンソメです。

・・・いや嬉しいよ、チップスター大好きだしね。
でもまさか、この歳になって親からおやつ貰うとは思わなかったよ(苦笑)。

まぁ姪っ子と同レベルと言われても、否定は出来ませんがね。
むしろ軽くあしらわれる事も増えてきましたけどね・・・。

ま、おやつゲット出来た事に変わりはないし、ヨシとしますか。
次はコイケヤのリッチコンソメがいいな~(笑)。
[PR]

by feeling_leaf | 2011-01-15 23:59 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)